So-net無料ブログ作成
検索選択
飛行機の写真撮影 ブログトップ
前の5件 | -

百里基地航空祭2010 [飛行機の写真撮影]

大分日にちが経ってしまいましたが……アップします。

 ----------------------

7月25日午前0時30分、自宅最寄り駅の某店でマイミクのファイドゥさんとイリス-Tさんの2人と待ち合わせ予定でしたが、私の仕事が長引き30分ほど遅刻してしまいました。
2人を車に乗せて出発、一般道で百里基地裏門(南門)の駐車場を目指しました。
午前3時30分ごろに近くまで到着。しかしここから渋滞の列となっていて全く動きません。こんな時間から渋滞とは……いままで無かったことです。
駐車場の闇を透かして見ると、なんだか空きがあるような感じがしたので、F軍曹さんに偵察依頼。
すると「門の前から車が並んでいるが駐車場に入る車ではないみたい。駐車場は閉鎖されていないが警備員はだれも居ない」との連絡が。どうやら正門みたいに裏門から基地内に入ろうとしている車が並んでいるみたいです。それでは動くハズがない。
そこで渋滞の列の脇を走って駐車場へ入ると、奥のほうはスペースが沢山。なんだぁ~??

午前7時過ぎに車を出てゲート前に並びました。しばらく待つと開門です。今回は北側で撮影予定なのでエプロンをずっと歩かないとなりません。
エプロンを通り過ぎて北側の芝生に陣取りました。タキシングする航空機の撮影は断念し、「捻り」狙いです。

去年はモヤで午前中殆どのプログラムがキャンセルとなりましたが、今年はモヤはあるものの、プログラムどうりフライトがありました。しかし視程は結構わるく、撮影しようにも白く機体が霞んでいる状態。撮っても無駄という感じです。

オープニングフライトの後は百里救難隊のU-125AとUH-60Jによる救難展示飛行です。

そして次はF-15J装備の第305飛行隊の機動飛行です。ややモヤはあるもののなんとか撮影できました。

100725-112003-A700-1b.jpg
Small-100725-094133-A700-4a.jpg 
次は第302飛行隊のスクランブル発進と空対地射爆撃機動です。今回のF-4は「ファントム無頼」塗装機が2機登場です。新谷かおるの描いた漫画の主人公たちが乗る「680」号機を模した塗装です。私たちが撮影している場所のスグ横には対空機関砲が展開し、バリバリと空砲をファントムに向かって撃っていました。
 
100725-105653-A700-1b.jpg
100725-110156-A700-1b.jpg
100725-110321-A700-2b.jpg
100725-110451-A700-2b.jpg
100725-110518-A700-3b.jpg
Small-100725-111157-A700-1.jpg
Small-100725-111210-A700-3.jpg
Small-100725-111219-A700-1.jpg
 
 
次はふただひ第305飛行隊のF-15Jによる機動飛行です。この頃になると暑さで頭がクラクラしてきて、集中力が不足し撮影ミスが…。
 
100725-094202-A700-3b.jpg
100725-095423-A700-2b.jpg
 
 
これで午前中の飛行展示は終了です。午後の飛行展示まで約1時間あるのでトイレへ行ったり食事したりして過ごしました。それにしても炎天下と寝不足で頭がボーッとしてきます。食欲も無くておにぎりを半分食べて食事終了です。5リットル用意した飲料は既に2リットルが完全に消費しています。


午後は偵察航空隊第501飛行隊のRF-4EJによる偵察機動飛行です。毎年気合いに入った超低空飛行を披露してくれます。
 
Small-100725-125305-A700-4.jpg
100725-130645-A700-5b.jpg
 
その後はトリを務める第11飛行隊「ブルーインパルス」です。しかしエンジン始動したもののなかなかタキシングを開始しません。6番機にトラブルが発生したのです。すかさず予備機に乗り換えエンジン始動。

そんな間に隣に駐機してあった百里救難隊のU-125A救難捜索機とUH-60J救難ヘリコプターがエンジン始動。しかもUH-60Jは2機も。あれれ、プログラムには無いけどブルーインパルスの前に再度救難展示でもするのかな、と不思議に思っていたらラジオに「レスキュー……」のコールサインが。あらら、本当の救難だ! 3機が続々と離陸し西へと飛んで行きました。何事かとニュースをネット検索したら秩父で埼玉県防災ヘリが救助任務中に墜ちたとか。
Small-100725-133149-A700-1.jpg
Small-100725-133152-A700-1.jpg
 

そんな事もありブルーインパルスはやや遅れてのタキシーアウトとなりました。エンドでエンジンランナップするも、どうやら6番機(予備機)が単機離陸する様子。これは天候が不良の時にときどきおこなう事で、6番機が上空から視程などを報告しその日の演技を検討するのです。どうやら視程不良ということで、アクロ飛行はキャンセル、航過飛行に切換となりました。
 
Small-100725-141015-A700-2.jpg
Small-100725-142515-A700-2.jpg
 
 
こんなモヤモヤなので写真を撮ってもダメ写真ばかり量産です。途中から撮影意欲も無くなり椅子に座って編隊航過をみることにしました。

これで本日の飛行展示は終了です。
私たちは帰投する外来機を撮影するのでのんびり撤収準備です。

しばらくするとF-15のエンジン始動音が聞こえてきました。今回地上展示された米空軍嘉手納基地、第18航空団のF-15C2機が帰投です。
 
Small-100725-150458-A700-1.jpg
Small-100725-150733-A700-1.jpg
 
 
先日の沖縄旅行でたっぷり撮影できた機体なので気合いが入らない撮影になりました。同行のマイミクさんには申し訳ないけど…暑くて動きたくなくって。


この後地上展示機など撮影しながら駐車場へ戻ることに。第11教育航空団のT-7が離陸すると高度が低いので念のためにレンズを200-500mmに付け替えていたら予感的中、ランウェイエンドで急上昇し反転、こちらへ突っ込んできました。
 
100725-151929-A700-2b.jpg
 
 
今日一番の写真が撮れたかも…。
地上展示機を撮影しながらも暑さでバテバテ。ハンガーの中は少し涼しかったのでここでしばし休憩しました。
ついでにT-4に装備されている集塵ポッドや装備展示のRF-4EJなども撮影しました。
 
Small-100725-155719-GXR-1.jpg
Small-100725-155026-GXR-1.jpg
 
 
駐車場に戻り車内で少し休憩です。エアコンの風が心地よいです。駐車場から出る車の渋滞はそれほどでもなく、霞ヶ浦大橋経由で帰りました。

飛行機撮りに横田基地と厚木基地へ [飛行機の写真撮影]

6月27日(日)、午前4時半に起床しました。ツーリングに行く為です。しかし雨音が聞こえてきます。真っ暗な寝室でパソコンをONにして天気予報を調べてみると、目的地の伊豆半島は一日雨模様らしいので、ツーリングはあきらめ、また寝てしまいました。

午前6時過ぎに起きたら雨が止んでいました。そらは曇天です。いつ雨が再び落ちてくるかわからない状況なので、車にて横田基地へと向かいました。横田基地には嘉手納基地のアメリカ空軍18FW(第18戦闘航空団)67FS(第67戦闘飛行隊)所属のF-15C「イーグル」戦闘機と F-15D「イーグル」戦闘機が各1機ずつ、岩国基地のアメリカ海兵隊VMFA-242(第242海兵戦闘攻撃飛行隊)所属のF/A-18D「ホーネット」戦闘攻撃機4機が飛来しているのです。

午前9時すぎに横田基地南側撮影ポイントに到着。さっそく基地内を見るとF-15はフライト準備中。しばらくラジオを聴きながら車内で待機です。昼を少しまわった時間にパイロットも到着しエンジン始動、南風なので R/W18から離陸しました。

Small-100627-122123-A700-3.jpg
リーダー機はF-15Dです。複座なので荷物置き場が少ない為かセンターパイロンにトラベリングポッドを装着していました。私はこのポッドを付けているF-15を初めて見ました。ラッキー!
 
Small-100627-122136-A700-2.jpg
 
ウイングマンはF-15Cです。こちらは単座なので操縦席後方に荷物を置けるスペースがある為か、トラベリングポッドは装着されていません。
両機とも低めの離陸となりました。


F/A-18Dはと見ると、整備員が数名作業していますがスグには飛びそうもない感じ。またこの場所からだと午後は完全に逆光になるので、横田基地での撮影場断念し、金曜日に4機で飛来し、土曜日に3機は飛び立ってしまって、1機だけ厚木基地に居残っているVFA-94(第94戦闘攻撃飛行隊)所属のF/A-18C「ホーネット」戦闘攻撃機を撮る為に移動をしました。


厚木基地に到着しまずはトランポリン公園から偵察すると、ちょうどVFA-94が離陸準備を開始したところ。では撮影ポイントに移動しようとしたら、P-3C「オライオン」哨戒機が着陸してきました。海上自衛隊機だと思い込んでいたのですが、なんとアメリカ海軍機でフルカラー機。慌てて撮影しました。
Small-100627-144419-A700-1.jpg
 
この機体はアメリカ海軍VP-8(第8哨戒飛行隊) のP-3Cで隊長機です。嘉手納基地に飛来しているのは知っていましたが、まさか撮れるとは。
しばらくここで見ているとVP-8の着陸を撮影したマニアさん達が、こちらの離陸撮影ポイントに移動してきました。VFA-94のF/A-18Cもパイロットが来たので離陸しそうです。
そこでR/W01からの離陸撮影ポイントに行くと、先ほど着陸ポイントから来たマニアさん達の車が一斉にまたR/W01 の着陸撮影ポイントに移動する場面に遭遇しました。まもなくVFA-94が離陸するのに移動するのですから、こりゃ何か大物が…と私も車列にくっついて着陸側撮影ポイントに移動しました。
すると既にその機体はアプローチ中。慌ててカメラ構えると…あらら、ノーマークのP-3Cでした。その間にお目当てのVFA-94のF/A-18Cは離陸していってしまいました。
Small-100627-152637-A700-1.jpg
 

あーっ、完全に私の判断ミスです。VFA-94の機体はまだ一度も撮影したことがなく、まもなく本国に戻るので再び撮るチャンスがあるかどうかわかりません。あー、残念です。
着陸したノーマークのP-3Cはどうやらアメリカ海軍VP-10(第10哨戒飛行隊)の機体だったみたいです。マーク入りならまだしも、ノーマークではガックリです。

気を取り直してふたたび離陸側に移動しました。先ほど着陸したVP-8所属のP-3Cの動向を見るとクイックで離陸しそうな雰囲気だったからです。
しばらく待つと予想どうりVP-8のP-3Cが離陸しました。
Small-100627-160531-A700-1a.jpg
 
 
そして更に待つと、VP-10所属機らいしノーマークのP-3Cも離陸しました。
Small-100627-164733-A700-2.jpg
 
 
ここでもう離陸機は無いだろうと判断し、ふたたび着陸側ポイントに移動して何か降りて来るのを待つか、あるいは帰宅するか迷いました。が知人の蕎麦屋にいちどいってみたかったのでそちらに行くことにし(腹も減ったし)、厚木基地を後にしました。
 
帰宅後に入った情報では、私が厚木基地を後にした30分くらい後に、もう1機、アメリカ海軍のP-3Cが着陸したそうです。ああ、クヤシイです。判断ミスばかりの1日でした。飛行機撮影は久しぶりだったのでカンが鈍っているのでしょうか…。
 
 
知人のお店は町田市にある「そば処 満屋」さんです。ネット上だけのお付き合いでしたが、厚木基地にも近いので、いちどお店に行ってみたいと思っていました。ネットなどで調べるとなかなか評判の良い美味しい店だそうです。
店に到着しカウンターへ。さっそく「天せいろ大盛」を注文しました。
Small-100627-183003-A700-1.jpg
Small-100627-183011-A700-1.jpg
 
天せいろ並盛で880円(写真は大盛です)。写真の写りが悪いのは色温度設定を間違えたから…ホントは美味しそうな色しています。
とても美味しかったです~。
店主さんとは初対面でしたが声をかけさせてもらいました。お忙しい時間帯でしたが、お話もできました。

陸自航空学校霞ヶ浦校、創立50周年記念航空祭 [飛行機の写真撮影]

4月11日(日)、陸上自衛隊の航空学校霞ヶ浦校の創立50周年を記念した一般公開がありました。
霞ヶ浦校単独での一般公開は7年ぶりとなります。
今回の目玉はAH-64D「アパッチ」戦闘ヘリコプターのデモフライトです。

午前5時に目覚ましも鳴らないのに起床。こういう時はなぜかチャンと目が覚めます。
撮影準備をしてバイクで出発。
外環道、常磐道、圏央道を通りつくば牛久ICで降り、ココス阿見住吉店へは午前7時10分に到着しました。

ここでマイミクさんと合流し朝食バイキングしながらまったり過ごしました。

午前7時50分にココス阿見住吉店を出発、ここから数分で霞ヶ浦駐屯地へ到着です。入場待ちする車列を横目にバイクなのでスイスイっと入場。駐車場は道路を挟んで反対側の補給処です。

Small-100411-080919-A700-1.jpg

 

 

バイクを駐めてさっそく会場へ。幸いにも最前列を確保できました。ここでマイミクさんはヘリコプター体験地上滑走の抽選券をもらいに行き、私は荷物番です。

午前10時、式典が始まりました。

Small-100411-094025-A700-1.jpg
↑ 受閲部隊の入場
Small-100411-095438-A700-1.jpg
↑霞ヶ浦を挟んだ空自百里基地からF-15が飛来 1パスだけで帰投
Small-100411-100111-A700-1.jpg
↑ 司令官の観閲
Small-100411-101541-A700-1.jpg
↑ たった15分くらいの式典なのに倒れる自衛官が…大丈夫??
 
 
式典終了後は音楽隊の演奏です。
Small-100411-102726-A700-1.jpg
 
 
その後は陸上自衛隊工科学校生徒によるドリル演技。ビシッとキマッていました。
Small-100411-105254-A700-1.jpg
Small-100411-110118-A700-1.jpg
Small-100411-110249-A700-1.jpg
 
 
いよいよ飛行展示です。
まずは異機種編隊飛行。左から順にUH-60JA「ブラックホーク」、AH-1S「コブラ」、OH-1「ニンジャ」、OH-6D「カイユース」、UH-1J「ヒューイ」、AH-64D「アパッチ」、CH-47J「チヌーク」です。
Small-100411-110626-A700-2.jpg
 
2回パスした後でUH-1Jが編隊から離脱しました。UH-1Jからの空挺降下です。最初のパスで1名が先行降下し本隊の空挺降下を誘導します。続いて本隊が降下というシナリオです。飛行場地区は狭いので3名のみの降下でした。
Small-100411-111622-A700-1.jpg
Small-100411-111706-A700-1.jpg
Small-100411-111729-A700-1.jpg
 
 
撮影していて、なんだか視線を感じたので見ると広報の人がこちらを撮影していたので、私も逆取材?しました。
Small-100411-111451-A700-1.jpg
よく見ると使っているカメラはフジのファインピクスS3プロ? こりゃまたマニアックな…。
 
 
次はいよいよ単独機によるデモフライトかと思ったら……地元高校生?によるチアリーディングでした。
Small-100411-111930-A700-1.jpg
 
 
 
 
天気も曇り空が急速に回復し青空に。ラッキーです。予報では曇りのち雨だったのに~。
トップバッターはOH-1「ニンジャ」です。川﨑重工が開発製造する純国産の新鋭高性能観測ヘリコプターです。タンデム複座で前席がパイロット、後席が観測員です。 
デモフライトした機体は第2対戦車ヘリコプター隊の機体でした。わざわざ八戸基地から飛来するハズもないので、何かの都合で航空学校が借り受けている機体なのでしょう。
Small-100411-113735-A700-1.jpg
Small-100411-113742-A700-1.jpg
Small-100411-113749-A700-3.jpg
Small-100411-113755-A700-2.jpg
Small-100411-113830-A700-3.jpg
 
 
次はUH-60JA「ブラックホーク」汎用ヘリコプターです。こちらも強力なエンジン性能を活かして軽快に飛行しました。
Small-100411-113940-A700-1.jpg
Small-100411-114053-A700-2.jpg
Small-100411-114222-A700-3.jpg
 
 
そしてトリを務めるのは私の今回の目的でもあるAH-64D「アパッチ」戦闘ヘリコプターです。あまりにも高額だったりした理由もあり、60機以上生産予定が僅か10機で調達が中止となります。現在9号機までがデリバリーされています。
Small-100411-114355-A700-1.jpg
Small-100411-114323-A700-2.jpg
Small-100411-114345-A700-4.jpg
Small-100411-114429-A700-1.jpg
Small-100411-115449-A700-1.jpg
Small-100411-115457-A700-3.jpg
Small-100411-115454-A700-1.jpg
Small-100411-115458-A700-4.jpg
Small-100411-115516-A700-2.jpg
Small-100411-115509-A700-1.jpg
 
 
そして再びHU-60JA、OH-1、AH-64Dが編隊を組んで飛行しました。
Small-100411-114932-A700-1.jpg
 
 
 
これで飛行展示は全て終了です。
午後はCH-47Jによる「体験地上滑走」が実施されます。
さっそく抽選発表を見に行きました。
うーん残念、ハズレました~。
まぁCH-47には過去3回ほど「体験地上滑走」に乗ったことがあるので、まぁイイか。
地上展示機の撮影することにしました。朝から一緒に行動していたマイミクさんとは別れ、地上展示機を撮影していたら、別のマイミクさんから連絡があり合流。しばし歓談して別れました。
 
 
 
Small-100411-121101-A700-1.jpg
地上展示機を撮っていて不思議に思ったのがこの機体です。機体はLR-2なのですが機体番号が見たこと無い数字…。しかもここ霞ヶ浦には滑走路が無いのでこの機体が着陸できるハズもないのです。そこで隊員に聞いてみたところ、稼働機ではなく、整備訓練用に中古機を購入したのだそうです。なるほど、それで見たこと無い不思議なシリアルナンバーだったのですね。
ここ、霞ヶ浦校は主に整備訓練の学校なのです。僅かに幹部操縦士の訓練も行われてはいますが。
 
 
 
Small-100411-124717-A700-1.jpgSmall-100411-124752-A700-1.jpgSmall-100411-124748-A700-1.jpgSmall-100411-124733-A700-1.jpg
地上展示機はロングボウレーダーが付いていないAH-64Dです。陸自ではロングボウレーダー付と無しの機体の混合配備の予定でした。
なお霞ヶ浦校には2機が配備されています。
 
 
 
Small-100411-125506-A700-1.jpg
Small-100411-125514-A700-1.jpg
Small-100411-125457-A700-1.jpg
AH-1S「コブラ」です。AH-64Dの調達中止によって、AH-1は今後しばらくは現役で頑張るしかありません。
 
 
 
 
Small-100411-124826-A700-1.jpg
OH-1「ニンジャ」です。AH-1やAH-64と組んで作戦をする機体で、OH-1が先行進出して敵を探索し、AH-1やAH-64が攻撃するハンター・キラーチームを形成します。
このOH-1も価格問題の為に調達中止というウワサもあります。たいへん高性能な機体なのですが、限られた予算をどう使うか、いろいろ問題があります。なおAH-64の調達中止によりAH-1Sの後継機が未定となりましたが、このOH-1をベースにしてエンジンをパワーアップしたりした攻撃型も候補にのぼっています。
 
 
 
撮影終了後は駐車場へ戻りましたが、ここでオモシロイ物を発見。
Small-100411-133824-A700-1.jpg
90式戦車の石像です。
まだ時間が早いので筑波山あたりへ走りに行こうかと思っていましたが、昨日も一日中飛行機撮影三昧していたので疲れを感じ、このまま自宅へ戻ることにしました。
 
 
 
帰路は桜土浦ICから常磐道に乗り、外環道を経由して自宅には午後3時過ぎには到着しました。
その後は疲れを癒す為に昼寝です。
目が覚めたら午後9時過ぎていました~。

イギリス空軍VC-10が横田へ飛来 [飛行機の写真撮影]

4月10日(土)、厚木基地正門ちかくにバイクを駐めて正門前で厚木基地日米親善さくら祭の入場の列の長さにびっくりしているところに、嘉手納基地で撮影中の親友から「もうすぐ横田基地へ向けてVC-10が離陸するみたいだよ~」と連絡が入りました。
「なにぃ~! そりゃ大変だぁー!!」と慌ててバイクに戻り横田基地へ向けて走りました。

途中かなり渋滞していて間に合わないかと心配しましたが、嘉手納の離陸予定時間が1時間近く遅れたので余裕で横田基地に到着。

当日、横田基地はR/W18だったので久しぶりにアンダーパスの撮影ポイントへ。

飛行時間から考えて16時頃の着陸と予想しましたが、予想よりやや遅れて16時24分に着陸しました。シリアルナンバーはZA147だそうです (掟プジョーさんありがとう)。
着陸した機体はVC-10 K.3という空中給油型でした。
着陸後はクイックで北へと飛んでいったハズです。

Small-100410-162413-A700-2-トリミング.jpg

 
 

VC-10はイギリス製のビッカースVC10旅客機をベースに空中給油・輸送機に改造された機体でイギリス空軍で使用されています。
原型のVC10は1962年に初飛行したベテランの機体で日本への飛来は珍しいです(イギリス空軍機自体、来日するのは珍しい)。
今回の機体は空中給油や輸送のミッションではなく、主翼下に大気中の放射性物質や塵の観測・採取を目的とした空気採取カプセルを装着していたので、東シナ海上などでのサンプリング調査などをしていたのかもしれません。
北朝鮮の核実験の時にも嘉手納基地へ2機が飛来していますが、今回は具体的に何の目的で飛来したのかはわかりません。
 
 
 
 
クイックで離陸するという話がありましたが、離陸まで待たずに撤収しました。
というのも空腹に耐えきれなかったからです。
前夜にサラダを食べたきり何も食べておらず空腹はMAX状態、ここから近い場所に美味しい担々麺を食べさせる店「担々麺 杉山」があるので、そちらに行ってみました。
Small-100410-171632-A700-1.jpg
 
開店は17時30分ということて20分ほど待ちました。
辛いものが苦手の私。嫌いではないのですが汗が止まらなくなるので外食ではなるたけ辛いものは避けています。しかし担々麺の店なので当然辛い。
店員さんに「なるべく絡みを抑えて」と頼んだら「辛み抜きもありますよ」とのこと。一瞬、辛くない担々麺て担々麺じゃないのでは?とも思いましたが、辛み抜きを注文しました。
Small-100410-173517-A700-1.jpg
Small-100410-173431-A700-1.jpg
 
 
うーん、やはり少し辛みがあった方が良かったかも。
前回食べた時に方が美味しく感じました。

「コンバット」を撮りに横田基地へ転進 [飛行機の写真撮影]

VMFA(AW)-121(第121全天候海兵戦闘攻撃飛行隊)のF/A-18D「ホーネット」戦闘攻撃機4機が厚木基地に金曜日に着陸し、そのうち3機が土曜日もローカルフライトを2回した後で横田基地に降りたという情報をもらい、3月28日(日)は西武鉄道のE31さよならイベントを撮りに行くか横田基地へ行くかで随分と迷いました。

天気は今にも雨が降りそうな空模様、飛行機の離陸写真は撮ってもダメだろうとE31を撮りに行ったのですが、E31の撮影を終えても横田からF/A-18が上がったという情報が入らなかったので、東飯能駅で八高線に乗り換え横田基地へ向かいました。
風向きは北風なのでR/W36、上がりポイントへは東福生駅で降ります。そこから歩くこと20分ちかく。幸いなことにまだ離陸してませんでした。
友人と合流し車の中に入れてもらい待機です。暫くすると離陸しそうな気配、さっそく車から出て撮影準備。

離陸したのはVK-02、VK-16、VK-09の順でしたが、VK-16はなぜか脚の格納が遅くてまるで着陸時の写真みたい。VK-09は ATARS機でした。

Small-100328-142311-A700-2.jpg
↑ VK-02 離陸は高かったです
Small-100328-142322-A700-1.jpg
↑ VK-16 脚が出っぱなし
Small-100328-142333-A700-2.jpg
↑ VK-09
 
 
VK-16ですが写真をよくよく見るとフラップの角度が他の2機より深いように見えます。エルロンも下がっているので、パイロットが離陸モードと間違えて着陸モードにセッティングしていたのかもしれません。あくまで推測ですが…。

前の5件 | - 飛行機の写真撮影 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。