So-net無料ブログ作成
検索選択
昔のアルバムから ブログトップ
前の5件 | -

昔のアルバムから  ~その12 OH-58A カイオワ~ [昔のアルバムから]

Small-OH-58A.jpg
1981年11月30日、横田基地R/W36にアプローチする OH-58A 「カイオワ」軽観測ヘリコプター。キャンプ座間の所属ですがOH-58が配備されていたのは短期間でした。

昔のアルバムから  ~その11 SH-3G シーキング~ [昔のアルバムから]

Small-SH-3G NL722.jpg
厚木基地R/W19にアプローチする HC-1(第1汎用ヘリコプター飛行隊)の SH-3G 「シーキング」対潜・汎用ヘリコプターです。#NL-722 のテールコードからも判るとおり、当時横須賀港に寄港していた空母「コーラル・シー」に搭載されていた機体です。

昔のアルバムから  ~その10 SH-2F シースプライト~ [昔のアルバムから]

Small-SH-2F TH51.jpg
1978年、横田基地のR/W36にアプローチする HSL-37 "Easy Riders" (第37軽対潜ヘリコプター飛行隊)のSH-2F 「シースプライト」対潜・汎用ヘリコプター。この #TH-51 はノックス級フリーゲート艦のネームシップ "USS KNOX" に搭載されていました。

昔のアルバムから  ~その9 TA-3B スカイウォーリアー~ [昔のアルバムから]

Small-TA-3B PR00.jpg
1976年、厚木基地に着陸する VQ-1 "World Watchers" (第1艦隊電子偵察飛行隊)所属のTA-3B「スカイウォーリアー」連絡・練習機です。コックピット後ろの胴体に青・白・赤のストライプが引かれ自由の鐘の中に76の数字が書かれています。これは米国建国200年を記念した「バイセンテニアル」塗装です。
VQ-1で当時主に使われていたのはEA-3やEP-3で、部隊本隊はグアム島のアガナ基地でしたが厚木基地にも分遣隊が置かれていたので、厚木基地でも頻繁に見ることができました。
TA-3BはA-3Bの練習機タイプですが、VQ-1では連絡や技量維持訓練用として配備されていました。特徴としては尾部に遠隔操作の銃砲塔が残されている点ですが、もちろん銃は撤去されています。

昔のアルバムから  ~その8 EA-6A エレクトリック・イントルーダー~ [昔のアルバムから]

Small-EA-6A CY621.jpg
1970年代に厚木基地で撮影したEA-6A「エレクトリック・イントルーダー(非公式名称)」電子攻撃機です。 VMAQ-2 "Playboys" (第2海兵電子戦飛行隊)の所属。EA-6Aは海兵隊のみが装備し、A-6A「イントルーダー」攻撃機をベースにして、電子妨害装置などの装備をした航空機です。電子妨害、電子偵察、敵防空網制圧の目的で作られました。生産機数は30機程度です。この機体はA-6Aと同じ並列複座型ですが、後継機のEA-6B「プラウラー」は4座機となりました。写真のセンターパイロンに搭載されているのは燃料タンクから改造されたと思われる電子ポッドだと思われます。

前の5件 | - 昔のアルバムから ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。